渡辺家具店

こだわりの家具とオーダーメイドの店 渡辺家具店 広島

HOME»  飛騨家具

飛騨家具

プロヴィンシャル(飛騨産業)

■プロヴィンシャル-----田園生活への憧れ

その開発は「豊かさへのひたむきな問いかけ」に始まりました。
やがて英国の田園地帯を訪ね歩き、動物たちに囲まれたふくいくたる農家の息吹に触れたとき、流行に惑わされない素朴な暮らしの原型をそこに見つけることができました。
その趣あふれる豊かさと永遠の郷愁を日本の手技でひとつひとついまに蘇らせたのが、「プロヴィンシャル家具」にほかなりません。
そこに在るのは、田園生活者たちの簡潔な日々が磨き上げた使いよさ、各種樹木を適宣に用いた修理しやすい堅牢なつくり、17世紀イギリスの民間伝承のデザインを汲む骨董の風格、そして使うほどに愛着を醸す入念な仕上げです。

(ネット販売対象外です。)

 

 

プロヴィンシャル

 

プロヴィンシャル

 

~渡辺家具店より~
プロヴィンシャルシリーズは飛騨産業が起業60年を間近に控えた1980年ごろ、「ニッポンの家具の歴史に残るような家具を作ろう」、「採算度外視で日本一のカントリー家具を作ろう」と開発者が決心したところからはじまりました。
そして開発責任者はウインザー家具のルーツを探るため北イギリスのフィラデルフィアにある「ファニチャーミュージアム」等へも足を運び、大学の研究室では人間工学を学び、家具のコレクターを訪ねては現物に触れ、五感を磨きました。なかでも最も参考になったのは東京、駒場の「日本民藝館」に眠っていたイギリスの古い農民家具だったそうです。それは民家から生まれた無名の家具といえるもので、鍛冶屋が金具を作り馬車職人や車輪職人たちの様々な技を集めて作られたものでした。そこから真新しさに対するアンチテーゼとして、わざわざ古めかしく傷をつけた田舎の家具に彼らは着想しました。
その後、様々な試作を重ねて1983年に誕生したのがこの骨董品の味わいを持つ「プロヴィンシャル」シリーズです。プロヴィンシャルは復元家具に近いですが、座部にイグサを編みこむ日本古来のがま椅子の手法も取り込み、渋い姿が現代に蘇りました。

またあわせて「プロヴィンシャル・ジャパン」という和風テイストのシリーズもございます。あわせてお勧めいたします。

 

穂高(飛騨産業)

「穂高」が生まれたのは人類が初めて月に降り立つ1969年。
優雅なデザインと堅牢なつくりで、30有余年も愛され続けたロングセラーです。
リビング・ダイニングから寝室まで、家族の歩みや住まい方の変化に寄りそう、フレキシブルな組み合わせをお楽しみいただけます。

(ネット販売対象外です。)

 

穂高

 

穂高

 

~渡辺家具店より~
 発売から35年というロングセラーの秘密は発売以来変わることのないスタイルと日本人の体型に合わせた座りやすさ、北米産樹齢150年以上の厳選された楢材による確かで丈夫なつくりです。絶妙な切削技術やロクロ加工技術など、匠の技が生かされています。
背部と座面は置きクッションタイプなので、長年お使いいただいたお客様クッションの買い替えも可能です。
 「穂高」は不思議なことに、洋室でも和室でも違和感がありません。部屋の雰囲気に応じて、バリエーション豊かなクッションを選ぶこともできます。日本人の暮らしぶりは西欧化されてきてはいますが、でも畳がないとちょっと寂しい・・・・。そんな日本の家のどこに置いても、「穂高」は空間に馴染むのです。
一見大きく見えますが、幅は3人掛けでも180センチ。マンション空間にもコンパクトに収まります。そしてひとたび座ってみれば、体にちょうどフィットする大きさとデザイン、クッションのほどよい堅さ。
発売以来「穂高」の基本フォルムは全く変わっていません。
2003年には販売数が通産58万脚を突破したロングセラー家具はこれからも日本の暮しに寄り添い続けることでしょう。
 穂高シリーズのチェアは布地のランクによって値段が違います。当店では布地のサンプルなどもご用意しておりますのでお客様のイメージにあった生地をお選びください。

 

ウィルダネス(柏木工)

--WILDERNESS--

雄大なアルプスの麓、木を愛し自然と戦いながら生活する飛騨の人々。ウィルダネスは高山で生まれたカントリースタイルの家具。荒々しい荒野で働く男たちの無骨で粗野な世界、しかし何者にも負けない力強さと優しい心を合わせ持っています。ワイルドな使い始めた日からずっとそこにあったような、そんな親しみを与えてくれます。
そんな家具がどこの家にも一つや二つはあったような気がします。昔からそこに置いてあったような家具、それがなくなった時、急に大きな存在を感じるようになる・・・・・
それが「ウィルダネス」です。

(ネット販売対象外です。)

 

ウィルダネス (柏木工)

 

ウィルダネス (柏木工)

 

~渡辺家具店より~
ウィルダネスシリーズは1986年に柏木工から発表された人気シリーズです。
この商品の開発コンセプトは「自分が使いたい家具、男の家具」というイメージだったそうです。
「裸電球がぶら下がっている昔の家の中で木を削っている感覚」など、頭に浮かんだイメージをスケッチブックに描いていって見えてきたフォルムがこの家具(特にチェア)です。
 

 

グレース(イバタインテリア)

グレース(イバタ)

 

グレース(イバタ)

 

侭(JIN)(飛騨産業)

侭(JIN)

 

侭(JIN)

 

ELES(柏木工)

ELES(柏木工)

 

ELES(柏木工)